蛇を耳飾りにし、太陽を追いかけて黄河の水を飲み干す…コホについて調べてみました!

現在、絶賛顕現中のコホさん。元になったエピソードを調査!

中国の神話に登場する巨人で、夸父と書きます。読み方はカフとも。

博父(ハクホ)という別名も持っています。

成都載天という山に住んでいて、二匹の蛇を耳飾りにし、二匹の蛇を手に持つという豪快な方だったようです。

ちなみに右手に青い蛇、左手に黄色い蛇を持っていたとか。

コホ

サモンズボードの世界では腕そのものが蛇になってるのかな?

耳飾りはちょっと見えないですね。

太陽に挑み、黄河を飲み干す

コホは太陽の影を追いかけて、隅谷という太陽が沈む場所まで走り続けます。

そこで喉の乾きを覚えたコホは黄河とその支流の渭水の水も飲み干してしまいます(!)

しかし、それでも乾きはおさまらない。

コホ

コホは50km四方もある大択という湖の水を飲もうと北に向かって走り出しますが、その途中で死んでしまいます。

お腹チャポチャポの状態で走りすぎたせいでしょうか…スケールがデカ過ぎてどこから突っ込んだらいいのかわかりませんが、かなり豪快な男なのは間違いないようです。

サモンズボード内では「入相の谷」という場所に出現しますが、入相(いりあい)とは黄昏、夕暮れなどの意味を持つ言葉。原作に忠実!

広大なダイダイの林を生む

死んでしまったコホの傍らには杖が捨てられていましたが、その杖がコホの体からでる油に浸されて、ダイダイの林ができました。

ダイダイ

※Wikipediaより引用

橙(ダイダイ)はミカン科ミカン属の果実。

ちなみにこの林は広さ数千里にわたるとされています。

千里=500kmなので超デカい林っすね。大阪から東京が500kmぐらいでしょ( ³ω³ )

夸父逐日

その豪快な逸話は四文字熟語にもなっています。

意味はズバリ「自身の能力をわきまえていない行動」

また、自然に正面から向かっていく、強い意志を言い表す言葉でもあるそうです。

逐は追い払う、追いかけるという意味。

コホ 進化後

いかがでしょうか?

自身の力を過信しすぎた巨人って感じですが、やっぱ男は太陽追いかけて黄河飲み干すぐらいの気概が欲しいですね。

俺もガムシャラに社会に立ち向かっていく男に目を細めながら「フフ…まさに夸父逐日。…だが嫌いじゃないぜ。」とかカッコつけて言いたい。

そんでピンチの時に駆けつけて美味しいところを全部持っていって、めっちゃカッコつけたい。

スポンサーリンク



さあ!シェアしよう(^ω^)

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. ゲソ より:

    サモンズボードではハイテンションなおじいちゃんなイメージですが、元ネタは豪快なんですね(^^)
    また一つ知識が増えてしまった(´∀`)
    四字熟語もあるんですね(^^)
    夸父逐日…
    数時間後には忘れてそうですけど(^^;;

    • ナカジマ より:

      かなりテンション高めですが…
      元ネタもかなり高めな様子。
      太陽を追いかけるとは!
      四文字熟語はコレ、初めて見ましたね(^ω^)馴染みない…

  2. ぬまっし より:

    体から出る油に浸されて…(;´д`)
    なんかちょっとイヤですね(笑)

    しかし川を飲み干すとは…出る量もすごそうですね…あまりにおそろしい!

    • ナカジマ より:

      100%純正のコホオイル!
      黄河と渭水の水を飲み干したということは当然排出されるはず…
      迫力におされる!

  3. joy より:

    自然に正面から向かっていく、強い意志を言い表す言葉…
    つまりおっぱいへの飽くなき探求は夸父逐日…?

    「たとえ夸父逐日だとしても…!この神秘への探求をやめる訳にはいかない!だって男の子だもん!」
    助けて!ナカジマン!

    • ナカジマ より:

      よーし、俺と一緒に太陽捕まえようぜ!
      届かないとわかっていても追いかけたい気持ちがある…
      だって男のコだもんナ!

  4. ソルハ より:

    こういう記事、とてもいいですね!

    • ナカジマ より:

      元ネタがわからないものが多いので、調べがてら記事にしていきたいと思います。

  5. うめぼし より:

    (^ω^)

  6. 夏なな16@7CV より:

    こういう元ネタ知ると、愛着が沸いてきますね、コホ、、、

    やってる事は5才児並み(笑)

    • ナカジマ より:

      黄河を飲み干す五歳児(屮゚Д゚)屮ゴツイ!!
      サモンズボードって結構マニアックなキャラが出てくるので調べるのは楽しいです。

  7. こは@C2G より:

    コーホーといえばウォーズマンぱいせんが思い出されます(*゚▽゚)ノ

  8. らぱん より:

    う~む、この無鉄砲な豪快さがいいですね~(^_^)
    そして、いろんな歴史の勉強にもなります( ..)φ
    四字熟語の読み方は、
    「こほついじつ」
    でいいんですかね?←あまり馴染みのないかんじですが・・・
    イラストの、「コォォォォホォォォオ!」
    がまたいい味出してますね(^_^)

    • ナカジマ より:

      かほちくじつ

      と読むようです(^ω^)
      まるで馴染みがありませんね!
      使っている人を見たことがないぜ?
      自己紹介しつつ佇むコホ!

  9. みうみう より:

    夸父逐日をカフチクビと読んだアホゥは私ですw(@_@)

  10. 藤四郎 より:

    公式イラストのコォォホォォは何度見ても吹き出してしまう
    コホでググっても元ネタに全然たどり着けなかったので助かりました。

  11. ハケ より:

    なんて豪快な爺ちゃんなんだ…
    「若者になんざまだまだ負けんわい」と言わんばかりに攻撃してくるからなぁー…サモンズの爺ちゃんズ(^_^;)老人ホームいらねぇんじゃねぇかコレ
    元ネタ探訪は毎回楽しみです(^ ^)キャラに愛着が湧きますね_φ(・_・

    よし…コホを見習ってガムシャラにガチャに立ち向かってくんでナカジマさん!細い目で見ててください(=゚ω゚)ノ

    (…あ、でも不死鳥型召喚士じゃないから戻ってこられないかもしれない)

  12. 打ち粉は適宜 より:

    はじめまして
    いつも参考にさせて頂いております。

    元ネタを知るとますます愛おしく感じますね。

  13. ペソ より:

    コホってかなり面白い男だったんですね!
    副属性も整えたのでこれから使ってあげたいな~

    顕現ってガチャシリーズと関係があることが多いですが、コホのシリーズはまだ来てないのかな?
    今後に期待です( *´艸`)

※メールアドレス、ウェブサイトの記入は必要ありません
※コメントは反映までちょっと時間がかかります