サイネグ・エルダルが登場するナルト叙事詩や登場人物についてざっくり調査!

サモンズボードといえばマニアックな所から元ネタを引っ張ってくるイメージありますけども

サイネグ…?聞いたこと無いな?

子供の頃からひたすらRPGばっかやってるナカジマですから、大抵の神話に登場する名前って聞いたことあるんですよね。

女神転生が好きだったからってのもありますけども。

そらもうオーディンとかクー・フーリンなんかもう、藤沢さん、石橋さんぐらいの馴染み感ですよ。

フリムスルスとかスヴァジルファリはわかんなかったけどね…宇賀神さんぐらいのレア感ある。

んで「サイネグ・エルダル」ですよ。

サイネグ…!?ネグ!?

調べてみたところ、ナルト叙事詩に登場する剣士なんだそうです。

ナルト叙事詩?

中忍試験ぐらいまでは僕も結構読んでましたけどね。違うみたい。

カフカス山脈起源の物語群だそうで。

カフカス山脈ってどこ?

コーカサス山脈、ロシア語でカフカス山脈なんだそうです。

ウラル山脈、カスピ海とともにアジアとヨーロッパの境となっている場所ですね。

ロシアのあたりの物語群で、他の神話にも影響があったりするのだとか。ギリシャ神話にも共通するお話があったりするんだぜ。

ナルト?

巨人族なんです!

巨人っていうとデッカイ人を思い浮かべますけど、神話の中ではサイズはあんまり変わらないけど人間より高位の存在として登場することがありますよね。

叙事詩って何?

歴史的事件、特に英雄の事跡をありのままに述べ、うたい上げた詩。

よっしゃ雰囲気わかってきたで。

サイネグ・エルダルは?

・武器の神サファが造った魔法の剣を持つ豪腕の剣士
・ナルトたちの要請を受けバトラズの父ヘミュツを殺害
・息子のバトラズから魔法の剣を見たいといわれ、息子と知らず渡しちゃう
・しぬ
・バトラズは魔法の剣を自分の物にした

なるほどな…一行目はめっちゃカッコイイんですけどね。

大事な剣は見たいって言われても簡単に見せちゃダメですな。教訓。

バトラズとは?

サイネグさん、意外とあっさり風味なエピソードだったのでバトラズも調査。

・半神でありナルト叙事詩における最大の英雄
・父ヘミュツの背中の瘤から産まれた
・生まれつき鋼鉄の身体を持っている
・鍛冶神クルダレゴンに鍛えられ無敵になった
・でも腸だけ鍛えられず弱点として残った
・暴風や灼熱に変身できる
・ナルトの宝物であったナルタモンガの守護者

おお~英雄というだけあってエピソードも凄いな。

今後サモンズボードの世界でも登場するんじゃないでしょうか!

神級ぐらいでめっちゃ強いヤツとして顕現して欲しいですな(^^)

ナルタモンガ!?

やっぱ気になりますよね?ナルタときてモンガですよ。

・魔法の杯、もしくは大釜
・自然に酒が満ちる
・自らの魔力によって宙に浮く
・最高の勇者の口元に移動する
・聖杯伝説と類似する部分が多い

ンなるほどね~。

というわけで

冥級だけがポツンと実装されることって無いだろうし、今後ナルト叙事詩に登場するキャラが神級あたりに追加されそうですね。

恒常のガチャ限シリーズとして追加されてもいいのよ…(^^)

以上です!

スポンサーリンク



さあ!シェアしよう(^ω^)

フォローする

スポンサーリンク

コメント

  1. 匿名 より:

    ナルト叙事詩とな、ふ〜むなるほどなるほど…
    次はカカシ先生あたりが実装ですかね!←全然分かってない

    8
  2. 匿名 より:

    以前登場したゼラセが同じ出典なので、冥で5属性のシリーズですね

    4
  3. 匿名 より:


    -died-
    結構マニアックな物語ですねー、今後期待できます!

    1
  4. 匿名 より:

    コーカサスといえばクロウカシス山も読みのひとつ

    3
  5. 遠い音楽 より:

    知らない名前だったのでググってみたんですが、登場人物が少なくてあんまり広がらない感じですね。
    協力マップの終わり際に新登場したのでもしかして、と思ったんですが。

    バトラズは例に漏れず無敵なのに一箇所だけ弱点ある設定なんだけど、どうも弱点が原因で殺されたとかではない模様ですね。
    何故弱点を設けた。

    そしてゼラセは死後に割とひどい目にあっていた模様……

    2
  6. おすぎ より:

    るろ剣コラボの左之助のサブですな!

  7. 匿名 より:

    うーん、ナルトコラボはよ(違う)

※メールアドレス、ウェブサイトの記入は必要ありません
※コメントは反映までちょっと時間がかかります